自分の働いている職場が、副業を禁止している可能性は十分に考えられます。
また、明確に禁止はしていなくても、暗黙の了解で副業を制限されているケースも多いです。

それでも、生活が苦しかったり、将来のために貯金をしたり、少しでも趣味にお金を使いたい時などは、副収入が必要となるわけです。
では、どうすれば職場のことを気にせずに副業ができるのでしょうか。

1番確実なのは、副業での年間所得を20万円以下にすることです。
それなら、確定申告をする必要がないので、職場の方に通達されることもありません。
ただし、住民税に関しては20万円以下であっても、条件によっては納付しなければいけないので注意が必要です。

一方で、もし年間で20万円以上稼ぎたい場合は、バレることは避けられないのでしょうか。
実は、年間取得が20万円以上であっても、自分で直接確定申告を行い、所得税と住民税を支払えば会社に知られずに済むのです。
その際には、必ず自分で納付の項目にチェックするようにしましょう。

さて、上記の対策をしっかりと行っても、働いているところを職場の人に見られれば、やはりバレてしまうことになります。
したがって、そちらも気にせずに副業をしたいのであれば、在宅ワークを行うのが無難でしょう。

自宅での仕事であれば、当然ですが職場の人に見られてしまうこともありません。
体への負担も考えると、お小遣いを稼ぎたいなら副業がおすすめだと言えるでしょう。

もちろん、副業を禁止している職場でなくても、あまり知られたくないという人もいるでしょうから、そういった人も上記の方法での副業を検討してみるといいでしょう。